2014/02/19 プチだおん,Gilgongo @吉祥寺MANDA-LA2

諸事情でなかなかライブに行けませんがちょっとコレだけは外せないのでGilgongoを観に吉祥寺へ。
今回は多田葉子さんのプチだおんと対バン。

プチだおん

プチだおんは多田葉子さんと関島さん中尾さんの管楽器3人のユニット。やっぱりじんわりとコンポステラっぽい感じがします(実際篠田さんの曲もライブでやってるみたい)
久々に聴いたのですが中尾さんのソプラノサックスが非常に良い感じ。最後の2曲は植村さんがドラムで参加しての演奏(雪の日のリハーサルで帰りエライ目に遭った話の方が長かったような)
あと1曲だけ多田さんのボーカル曲もありました。ちょっと辿々しい感じがかわいしのぶさんなんかにも似てて面白かったです。
CD買っちゃいました。

多田葉子 (alto sax, bass clarinet)
中尾勘二 (soprano sax, trombone)
関島岳郎 (tuba, recorder)
植村昌弘 (drums)

http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/daon/

Gilgongo

というわけで対バンとは対照的なバンド。この日は清水さんの変態曲「重量投げ」からスタート。
ナスノさんのSoftでは深いリバーブのかかったミニマルなピアノがHarold Buddみたい、曲に慣れてきたのか中間部では結構好き勝手弾いてる感じで。
前回からの植村さんの「ish #6」はフツーなパートとイカれたパートの差が激しくて面白いです、ヤケクソっぽい勢いのラストも楽しいです。録音してくれないかなぁ・・・
最後Polska of Despair(Bobo Stenson)ではプチだおんの3人を迎えての合奏。

GilgongoはMANDA-LA2でのライブは今回初です。MANDA-LA2は今まで50回以上行ってると思うのですが、同じバンドを別のハコで聴いて今更ながら「音イイなぁ」なんて思いました。

ここまで書いてコレ読んでもどんな音楽なのかサッパリ説明できてないことに気付いたのですが…うーん、植村さんの素因数分解みたいなリズム+清水さんの妙なコード感+ナスノさんのドライブ感の有るベース・・・そんなのが組み合わさった不思議なバンドだと思うのですが。

1. 重量投げ
2. ish #2
3. Soft
4. ヒョーロク玉
5. ish #6
6. Polska of Despair

清水一登 (piano, keyboards)
植村昌弘 (drums)
ナスノミツル (bass)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。