タグ : 今堀恒雄

今日聴いたCD: unbeltipo / unbeltipo (1999)

なんか最近諸事情であまりライブに行けなくてこのサイトも更新できないので、「今日聴いたCD」ってタグ作って不定期更新しようかと。

tipographica解散後に出た今堀恒雄さんのunbeltipoの1st。unbeltipoはこの後「unbeltipo trio」とゆーコトで今堀恒雄+ナスノミツル+佐野康夫のトリオで定期的にライブをこなしつつ、アルバムを3枚リリース(こないだ新譜の「Uncle Bunny Tongue」が出たばかり)します。ですが、この頃ライブでは色んなフォーマットで演奏活動をしてたと思います。そもそもそんなにライブ多くなかったかも、自分が見たのは2000年システマあきまつりの「今堀+外山+沖山+松前」くらいでしたので。

参加メンバーは元tipographicaから大儀見元と菊地成孔、ベースがJuicy Fruitsの沖山さん、ドラムの鎌田清さんはNANIWA Expressの方かな?

このアルバム(4曲ですが40分くらい)リズムパートをカットアップというか再構築したよーな不思議グルーヴの上で、頭のオカしいブレイクビーツのような音でJDVers3(時代劇としての高速道路version3) 以外の曲はもうtipographicaの不思議なポップさは聴こえてこないなーとか思います。

恐ろしいのは、現在のunbeltipo trioではライブでこのアルバムを遙かに超える密度の曲を演奏し続けてるとゆーことでしょうか。

unbeltipo / unbeltipo

  1. UBT4
  2. UBT3
  3. UBT1
  4. JDVers3
  • 今堀恒雄 (guitars,programming)
  • 鎌田清 (drums on 1.2.)
  • 大儀見元 (percussions on 2.3.4.)
  • 沖山優司 (bass,turntables on 2.)
  • 高桑英世 (flute on 3.)
  • 数原晋 (trumpet on 2.)
  • 菊地成孔 (sax on 2.4.)

sistema records: SICD-2 (1999/07/11)

2010/08/11 unbeltipo TRIO+岡部洋一 @高円寺JIROKICHI

昨日に引き続き、非常に濃ゆいライブです。今堀恒雄のunbeltipo TRIOに岡部洋一さんがゲストで加わります。
セットリストは以下の感じで、そんなにライブ通いしてませんが「UBT#4」とか珍しいんじゃないかな?とにかく一曲一曲長い上に密度が濃くて、面白いんだけど聴いてる側も相当疲れます。そいえば何の曲か忘れたけど、クリムゾンの「Indiscipline」のリズムを伸び縮みさせたよーな曲が有ったような。

特に2nd setの「Joujoushka」たぶんこの曲だけで20分以上やってたと思いますけど、凄い集中力と密度。アンコールの「The Grid Of The Wind」が物凄く聴きやすく感じるくらい。

今自分のBlogチェックしてみたら2004年のライブで「Joujoushka」の生演奏聴いてるなぁ・・・なんかだいぶ印象違うような気がする。

  1. The Tape Eater
  2. UBT #4
  3. Oil On The Pan On The Canvas
  1. UBT #26
  2. Joujoushka
  3. UBT #23
  4. The Grid Of The Wind
  • 今堀恒雄 (guitars)
  • ナスノミツル (bass)
  • 佐野康夫 (drums)
  • 岡部洋一 (percussions)

2010/01/15 eEYO, 原みどり @吉祥寺MANDA-LA2

色々とバッティングしてましたが、吉祥寺へ。 先攻はeEYOさん。バンドは元Tipographicaの3人、何だかこの3人の妙なコンビネーションが気持ち良いです。特に歌モノの外山明さんドラムが凄い好きで。
なんだか歌メロだけでほぼ曲として成り立っていて、他の演奏の自由度が極端に高いような。

  • eEYO (vocals)
  • 今堀恒雄 (guitars)
  • 水谷浩章 (bass)
  • 外山明 (drums)

休憩挟んで原みどりさん・・・見るの何年ぶりだろう? ホッピーさんはこないだのextreme nightの時も使ってた、ピアノ鍵盤に何かトリガー的なモノを付けてシンセ音源を鳴らしてました。何だろうアレ?
曲はブルーズ彗星からの曲が多かったかな?SPANK HAPPYの「お早う」がちょっと懐かしい感じで。あと長谷部信子さん(会場にもいらしてました)の曲とか。ハイライトは「山中節」だったなー、なんだあの荘厳な山中節。

  • 原みどり (vocals)
  • 松本治 (trombone,pianica)
  • 今堀恒雄 (guitars)
  • ホッピー神山 (keyboards)

( http://haramidori.com/ )

ちなみにこの日は外山明さん48歳の誕生日だったみたいで、ライブ終了後ケーキが出てきました。

2007/05/31 高円寺百景 @吉祥寺STAR PINE’S CAFE

行って来ました。金澤美也子さん抜けてから初のライブかな?

代わりに石橋英子さんとホッピー神山さんが入ってます。

  • 吉田達也 (drums,voice)
  • 坂元健吾 (bass,voice)
  • 小森慶子 (soprano sax)
  • 久保田安紀 (voice)
  • 石橋英子 (keyboards)
  • ホッピー神山 (synthesizers,voice)

ゲスト:

  • 今堀恒雄 (guitars)
  • 壷井彰久 (violin)

前半・・・今日はインプロ多めかな~とは思ってたもの、まさか前半全部インプロだとは思わなかった。今堀入ると急に雰囲気が変わるのが面白い。上記8名の中の久保田さん石橋さんを抜いた面子での順列組み合わせでのインプロ。結構レアな組み合わせも有ったかも。

後半・・・高円寺百景、石橋さんはピアノ音でカッチリと、ホッピーはシンセでギュイギュイ。正直ホッピーさんは特に居なくても良かったんじゃないかと思ったことは秘密だ。

曲の頭に各人のソロ入れて~って感じの事が多かったかなぁー、久々の轟音と久保田さんのパンチの効いたボイスにかなりやられました。(昔久保田さん居た頃のライブを思い出す)

キーボードは実は矢吹卓さん( http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=TakuYabuki )って方に決まってて、アメリカツアーはこの方と一緒に回ってたみたいですが、この日はどーしても都合が合わなかったそうで、この編成では今回のみみたい。

ラス曲では小森さんのソロからのスタートで、格好良かった。この編成だと小森さんのサックスがリードを取るパートが多くて、これがガチっとハマルと異常にプログレ度が高まるよーな。

ちなみにその正式鍵盤の矢吹卓さん入りのライブが7/4に高円寺MISSIONで有るみたい。対バンAcid Mother Temple SWRと吉田+石橋(レコ発も兼ねて)

あと7/26にSoft Mountain(Hugh Hopper+吉田達也+ホッピー神山)が吉祥寺MANDA-LA2にて。

2006/05/10 ナスノミツル弾きっぱなし @吉祥寺STAR PINE’S CAFE

unbeltipoの途中からでしたが行ってきました。このメンツがいっぺんに見れるなんて、俺が行かなくてどーするよ?といった感じのイベントです。

同じ編成のトリオバンド三つで、こんだけ音が違うのが面白い。特にドラムが三者三様で可笑しかった。

unbeltipo trio

  • [tag]今堀恒雄[/tag] (guitars)
  • 佐野康夫 (drums)
  • [tag]ナスノミツル[/tag] (bass)

いやその相変わらず・・・佐野康夫が格好イイと思いました。不条理なアンサンブルから疾走パートに移るところとか、何だかプログレメタル(CYNICとか)みたいだなーとか一瞬思いました。

[Altered States]

  • [tag]内橋和久[/tag] (guitars)
  • [tag]芳垣安洋[/tag] (drums)
  • [tag]ナスノミツル[/tag] (bass)

アルタード見るのは久々。流石にお互い手の内読めてるよーな感じで、レスポンスの早さにはビックリします。ちょっと短めだったよーな気もしましたけど、気のせいか?

新譜の「Bluffs ii」買ってきました。

是巨人

  • [tag]鬼怒無月[/tag] (guitars)
  • [tag]吉田達也[/tag] (drums)
  • [tag]ナスノミツル[/tag] (bass)

んでコレ、是巨人。1曲目がなんだかギクシャクしたファンクみたいで可笑しい。なんだか昔より吉田達也のドラムが好きになったような気がします。

YESメドレー(メドレーというか断片を切り貼りしたよーな感じの)も面白かった。コレみたら無性にYESが聴きたくなってたので今BGMがYESです。

んでアンコールに全員呼んでセッション。グダグダだけど結局力技で捻じ伏せるよーな感じの。内橋+鬼怒+今堀の3人が並んでギター弾いてるのが壮観でした。

MCで鬼怒さんも言ってましたけど、ナスノさんもこんなややこしーバンドばっかり良くやるなぁと。非常に貴重かつ珍重な人材だと思いました。

2006/03/16 unbeltipo duo,eEYO idoit @吉祥寺MANDA-LA2

えーとこれは木曜日の話。何だか最近その日に日記書けなくって・・・

とりあえず仕事を強引に終わらせて(ヒント:終わってない)吉祥寺へ。雨風強い中、結構入ってます。

unbeltipo duo

  • [tag]今堀恒雄[/tag] (guitars)
  • [tag]清水一登[/tag] (piano,bass clarinet)

えーと以前にはココでunbeltipo soloというのもやってましたけど、今回は清水さんとのデュオ形式。ソロの時はアコギでしたけど、今回はエレキギターです。曲目は以下。

  1. Method of Panic
  2. UBT #13
  3. UBT #12
  4. クローム襲撃

どこまでがインプロでどこまでが作曲かよくわかんないけど「Panic of Method」なんかの無茶なアクセントに清水さんもよく付いて行きます。
最後の「クローム襲撃」では清水さんがバスクラ、今堀さんがアコギで二人とも前に並んで「何か仲良しみたいですねぇ~」とか何とか。この曲では清水さんがハーモニカを吹き歌いだしました、やはりこんな所でもやってしまうのですねぇ。。。可笑しかった。

eEYO idiot

  • [tag]eEYO[/tag] (vocals)
  • [tag]中原信雄[/tag] (bass)
  • [tag]内橋和久[/tag] (guitars)
  • [tag]勝井祐二[/tag] (violin)
  • [tag]外山明[/tag] (drums)

うはー何だか凄いメンツ。セットリストはよくわかんないので省略。この濃ゆいバックできっちり歌モノしてるのって、一時期のSPANK HAPPYみたいな気もします。歌モノだけれどもバックの自由度はかなり高い感じで(新曲では外山さんの譜面無いとか言ってたしなぁ)
特に外山明さんのドラムを久々に聴いたのですけど非常に気持ちイイ。最後には客席に無理やり割って入って会場の中で歌ってました、一緒に踊らされるマンダラスタッフ。楽しいライブでした。

2005/09/10 unbeltipo solo,eEYO idiot @吉祥寺MANDALA-2

unbeltipo

今堀恒雄さんのアコギ一本でのソロ。途中から見たのですが、Method of Panicなんか曲はunbeltipo trioでの演奏と同じなのですが、足踏みのリズムとアコギ一本でのその音は何だかトラッドみたいな感じです。Bert JanschとかJohn Renbourn(どっちもPentagleっていうイギリスとトラッドの人)みたいな感じの演奏。

今堀さん好きな人は「アンファン2」ってオムニバスのアルバムで、今堀さんがPentagleの「Light Flight」って曲をやっているのを知ってるかもしれませんけど、そんな感じの演奏。

個人的にはtrioよりもこんな感じの方が好きかもしれないです。アコースティックギターでソロアルバムとか作らないかなぁ、とかそんなことを思いました。

  1. ???
  2. Method of Panic
  3. UBT#12
  • 今堀恒雄 (acoustic guitar)

eEYO idiot

昔RobinDiscからリリースされてた頃に聞いたことはあったのですが、それほど気に入ってなかったので今までナマで見たことは無かったのです。んで初めて見たのですが、不思議ちゃんっぷりに吃驚。あとRobinDiscの頃との変わりっぷりにもちょっと吃驚。

このミョーな編成(eEYO idiot NAVYと言うらしい、内橋さんの代わりにDennis GunnだとARMY)ではポップスとも即興ともつかない微妙な空間でした。何が飛んでくるかわかんないような隙間の多い空間で、それでもポップスをやっているってのが。ちょっと他では見られないようなバンドかも。

  1. eEYO (vocals)
  2. 内橋和久 (guitars)
  3. 中原信雄 (bass)
  4. 外山明 (drums)

そして帰りに寄ったラーメン屋さんで、某ももはちさんからeEYOさんの芸歴の結構長いことを教えてもらい驚愕。メンバー紹介で外山さんのことを「外山くん」と呼んでいたので「え?」とは思ってたんですけど・・・自分より年下に見えたので、ねぇまさかそんな。

2005/08/04 シャクシャイン @新宿PIT-INN

このバンドが現役の頃は見ることができなくて、後になってちょっと悔しい思いでいたシャクシャインです。梅津5daysの3日目、一夜限りの復活ライブ。

やっぱりこんだけのメンツでドカスカやってくれると満足です(ソロ回しは嫌いなんだけど)よくこんな個性の違いすぎる人たちでバンドやっていたよなと、改めて不思議に思います。そりゃ解散もするわな。

んで、こんな個性キツすぎる人たちの中でも特にオカシイなと思ったのが今堀さんと清水さん。今堀さんはリズム面、清水さんはコード面でアンサンブルを崩しにかかるところとか。明らかに他のメンバーとベクトルが違うように思いました。

困ったことにセットリストがちっともわかりません。個人的に聴きたかった「Belfast」は残念ながらやりませんでした。でも2nd setの3曲目の梅津さんのソプラノサックスがとても綺麗だったので良かった。清水一登ファンとしては「タイスキ」っていう曲のシンセがとても可愛く変テコで、とても嬉しかったです。

聴いてて少し懐かしい感じがしたのは、4~5年前にこの手の音楽ばっかり聴いてたからかなと思います。もう一回くらい見たいけど、やらないだろーなぁ。

  1. シャクシャインの戦い
  2. (わかんない)
  3. タイスキ
  4. ヤキトリ
  1. (わかんない)
  2. (わかんない)
  3. (わかんない)
  4. ナビゲーター・ブーガルー
  1. (わかんない、アンコール)
  • [tag]梅津和時[/tag] (sax)
  • [tag]今堀恒雄[/tag] (guitars)
  • 三好功郎 (guitars)
  • [tag]清水一登[/tag] (piano,keyboards)
  • 水野正敏 (bass)
  • 新井田耕造 (drums)
  • [tag]八尋知洋[/tag] (percussions)

SYZYGYS/COMPLETE STUDIO RECORDINGS

シジジーズ(微分オルガン+バイオリンのポップデュオ)のアルバム2枚+EPのカップリング盤。TZADIKからのリリース。

この楽器使ってポップスやっちゃうのが面白いんですよね、奇妙にポップなインスト音楽です。今堀恒雄とか参加。

1st/2nd持ってたんでコレはスルーしてたんですけど、何故買ったかと言うと2ndのCDの中身がどっかに行っちゃったから。

2ndの最後に大友良英が参加したライヴ音源が入ってて、それがカッチョ良かったんだけど、この盤ではカットされちゃってるみたい。残念。

(asin:B00007J4S0)

2004/11/24 今堀恒雄UBT Trio @新宿PIT-INN

#えーと未だに何てコメントしていいのか迷うようなライヴです。何か物凄く密度の濃いライヴでした。
佐野康夫がガッチリ骨格を固めた上に、今堀とナスノが暴れまくる、という。だけどしかし曲が尋常でない、即興に聴こえる部分も有ったんだけどきっとほぼ全部書いてあると思われ。特に印象に残ったのが「Desert for Dessert」基本三拍子っぽい曲なんですけど、あんな切迫した雰囲気の三拍子って無いよな。
2nd set頭の2曲は「ストリングの為に書いた曲で~」とか言ってたけど、全然他の曲と印象が変わらん。
そもそも「あの宇宙人のロックバンドみたいなアルバム曲をライヴでどう再現するのか?」と思って行ったんですけど、アルバム曲も既にアレンジが変わっててもう何が何だか。
結局何のレポにもなってないなぁ、説明不能(投げた)。

1st set

  1. UBT1
  2. Method of panic
  3. Desert for dessert
  4. JDVer3

2nd set

  1. (?)
  2. (red eye?)
  3. Joujoushka
  4. UBT3(の最後のリフ)
  5. D.V.Bleach (UBT10)

encore

  1. In Organic
  • 今堀恒雄 (guitars,sampler)
  • 佐野康夫 (drums)
  • ナスノミツル (bass)