タグ : 佳村萠

2013/03/03 ほとらぴからっ @下北沢La Cana

前回の大編成(15人)から今回は4人での「ほとらぴからっ」のライブでした。時間も短めのライブでしたが面白かったー。
最初3曲は張さん佳村さんのお二人での演奏「すきま」からwhachoさんと浦山さんも加わって「ウメヨ」からはシークレットゲスト?向島ゆり子さんも参加。ちなみにPAは前回と同じく宇波拓さん。

普段の編成だと張さんのキーボード(DX7)の音って聞こえづらいのですが今回はさすがに良く聞こえます。改めて聴くとヘンな音色だなぁ・・・んでも張さんのキーボードだけでほとんど曲の骨格としては固まってるような感じが。whachoさんは赤いwavedrumとパーカッション。浦山さんのギターは何故か蛍光コーティングの弦を張ってます。

「満月のひなた」(って曲名かどうかわからないのですが)は鬼怒無月さん勝井祐二さんとのライブの時にもやってた朗読の曲。この編成でやるとは思ってなかったのが「ウメヨ」という曲、アルバムに入ってないしライブでもそれほど演奏している曲ではないのですがとても好きな曲です。重厚な感じのバックに佳村さんの淡々とした朗読の重なる不思議な曲(ほとらぴからっの曲は大体不思議な感じですが)確かこの曲を聴いたのはちょうど10年前の3/3のライブで、その時もバイオリンは向島ゆり子さんでした。次に演奏した「フラミンゴ」もアルバムには入ってなくて。ライブでもいいから音源残してくれると嬉しいのですが。

まぁ何を置いても観に行きたいライブってのは有るもので(個人的にはコレとKILLING TIMEだけは絶対)また次も観に行きたいと思います。

1. さっちゃん
2. カメレオン・パーティー
3. 満月のひなた
4. すきま
5. 残夢
6. 海ざる
7. 天女
8. ウメヨ
9. フラミンゴ
10. 初恋のあとのあと
11. ダンスの楽園

張紅陽 (piano, DX7)
佳村萠 (vocals)
浦山秀彦 (guitars)
whacho (percussions)
向島ゆり子 (violin)

http://hotorapicara.net/

2013/01/26 HONTATEDORI @明大前Kid Ailack Hall

HONTATEDORI (宇波拓+佳村萠+秋山徹次) のレコ発。「レコ発」の文字通り本当にアナログレコードのリリースなのだそうです。
ですがこの日発売予定のLPが税関で止まってるとか何とかで、本日は間に合わず・・・
まぁとりあえず上記の3名にシンセの庄司広光さん(大島輝之さんとSNOとかやってる方)とドラムに菅沼雄太さんが参加してのライブ。

以前一度この3人のライブは見たような・・・そしてその時には実験的な音だなーと思ったのですが。今回このメンバーでまさかのポップミュージックでした。宇波さん秋山さんの爪弾くギターで音響的な感じの曲に佳村さんの声がフワっと入ってく感じで、時々スーっとアヴァンギャルドな方向へも行きかたりもするのですが、きちんと曲に戻ってきます。
即興とか実験音楽とか一度いろんなモノを解体した上でのポップミュージックなのかなーとか思う所もあるのですが、本当に意外なくらい聴きやすくてちょっとビックリしました。ちょっとマヘルとかテニスコーツっぽい感じも有るかな

soundcloudにアルバムの秋山徹次さんによるremixが上がってましたので是非聞いてみると良いと思われます。

佳村萠 (vocals, guitar)
宇波拓 (guitar, bass)
秋山徹次 (guitar)
庄司広光 (MS-20, guitar)
菅沼雄太 (drums, guitar)

2012/12/12 ほとらぴからっ @六本木Super Deluxe

よーやく完全復活、しかも2名+13名という、過去最大人数での「ほとらぴからっ」のライブでした。
打楽器4人に弦カルという・・・参加メンバーは以下の通りで、個人的にはステージ上見渡す限り好きなミュージシャンばかり並んでいるという状態で。

次回は2013/3/3に下北沢La Canaだそうです。

1. 天女
2. 痛い時間
3. 海ざる
4. さっちゃん
5. 重陽
6. ????(でもちょっと、気持ち悪いね~)
7. カメレオンパーティ
8. 初恋のあとのあと

1. 七夕
2. 花子さんの場合
3. うめよ
4. す・き・ま
5. 残夢
6. ???? (シンセと台詞っぽいの)
7. ダンスの楽園

1. 夢見るように眠りたい (佳村+張)
2. フラミンゴ

佳村萠 (vocals)
張紅陽 (keyboard, piano, accordion)

浦山秀彦 (guitar)
バカボン鈴木 (bass, mandolin)
近藤達郎 (harmonica, clarinet)
清水一登 (bass clarinet)
斎藤ネコ (violin)
向島ゆり子 (viola)
高橋香織 (violin)
四家卯大 (cello)
whacho (percussion)
横澤龍太郎 (percussion)
仙波清彦 (percussion)
U-zhaan (tabla)
れいち (chorus)

2012/09/09 重陽の節句を祝う @下北沢La Cana

「今年末に復活するかも」なんて噂を聞いていたので、年末くらいかなーとか思ってた「ほとらぴからっ」のライブ。
まぁ「ほとらぴからっ」というよりも張紅陽主催で色んな方が喋ったり演奏したりといった感じのライブでした。思いの外てんこ盛りでちょっとビックリしました。ちょっと色々すぎて書ききれないくらい。

ほとらぴからっ

というわけで最初は、張さんが出てきて色々話をした後「夢見るように眠りたい」から。2001年の復活の時もやっぱりこの曲からだったなーとか。
他のメンバーが出てきて「痛い時」「海ざる」「残夢」をゆるゆると演奏・・・やっぱりこのバンドの音の妙な多幸感って独特だなぁ、なんて思い出しつつ・・・「海ざる」の浦山さんのRobert Frippみたいなギターがまた聴けるのが嬉しかったです。

1. 夢見るように眠りたい
2. 痛い時
3. 海ざる
4. 残夢

佳村萠 (vocals, toy piano)
張紅陽 (piano, accordion, vocals)
浦山秀彦 (guitars)
バカボン鈴木 (bass)
向島ゆり子 (violin)
四家卯大 (cello)
横澤龍太郎 (percussion)

こまっちゃクレズマ

神楽の三上敏視さんによる神楽のお話、長野の方の神楽の実演とか。2つ目の不思議な増えの音がちょっと面白い。

今度はこまっちゃクレズマ(ドラム抜きですが)
3曲めでは会場外にいる横澤龍太郎さんがステージの横の穴(?)から無理矢理手と首を出してパーカッションで参加。右の写真のような不思議な絵面になっていました。
その「井戸の底の星」っていう関島さんの曲があまりに良かったので、帰りにこの曲の入ってるCD買っちゃいました。

1. 月猫
2. 山羊は笑う
3. 井戸の底の星

梅津和時 (sax, clarinet)
多田葉子 (sax)
松井亜由美 (violin)
関島岳郎 (tuba, recorder)

おおたか静流

「でんでらキャラバン」という東日本大震災の被災地に音楽やいろいろなモノを届ける活動をしている赤松千里さんという方のお話(おおたか静流さん、張紅陽さんも一緒に行かれてるとのこと)
おおたか静流さんはちょうど新譜の「IKOR」の発売日で「ここからレコ発ライブ」とかなんとか。その新譜から「めいなCo.」で作曲した「海眠る 嵐散る」を演奏。もう一曲は向島さんのバイオリンを加えて「The voice is coming」を演奏。

1. 海眠る 嵐散る
2. The voice is coming

ほとらぴからっ+こまっちゃクレズマ

最後はほとらとこまっちゃ全部ステージに上がって演奏。11人がLa Canaのステージに無理矢理収まって演奏。「峠の道」ではさらにおおたかさんも参加。「2022年七夕まで」はこまっちゃのアルバムに収録されてるんですね。アンコールでは「天女」を演奏して終了。

1. 重陽
2. 2022年七夕まで
3. 峠の道
4. 天女 (アンコール)

いろんなバンド有る中でもやっぱりこのバンドは特別好きだったりして・・・・・ほんと久々に見れて嬉しかったです。
ほとらぴからっの今回のライブは何だか「リハビリ」って事らしくて(何か2000年に復活した時の最初のライブもそんな事言ってたような)12/12に六本木Super Deluxeでライブがあります。
その12/12のフライヤーが入ってたのですが…今までほとらぴからっに関係した人全員集めたような大人数らしくて。

佳村萠 vocal
張紅陽 accordion
浦山秀彦 guitar
バカボン鈴木 bass
近藤達郎 harmonica, clarinet
清水一登 bass clarinet
斎藤ネコ violin
向島ゆり子 violin
高橋香織 violin
四家卯大 cello
whacho percussion
横澤龍太郎 percussion
仙波清彦 percussion
U-zhaan tabla
れいち chorus

・・・とまぁ凄いメンツです。期待せざるを得ない。

http://hotorapicara.net/

2012/06/16 宇波拓+佳村萠+秋山徹次 @大崎l-e

えーと久しく佳村萠さんのライブを見てなかったので、大崎へ。
大崎l-eは初めてで、一応場所調べてから行ったのですが・・・あまりの住宅地っぷりにだいぶ迷いました。よーやくマンションの地下?っぽい会場に着くと、真っ暗な中で何やら電子音。
ステージ部分には白い幕で隠してあって誰が何をしてるかは分からないような感じ。少しのギターの音と何かカチャカチャいう音、幕の向こうで蝋燭に火が灯ったり消えたり。
・・・うーん、えーと・・・ちょっと無理でした。ゴメンナサイ。

この3人のトリオで(この日のような内容じゃないけど)音源が出るとか。

2009/12/26 佳村萠 @明大前Kid Ailack Hall

こないだのLady Janeに続いて、珍しく短いスパンでの佳村さんのコンサートです。

前半セットはこの3人で。

  • 佳村萠 (voice)
  • 宇波拓 (guitars)
  • 秋山徹次 (guitars)

以前、下北沢の現代ハイツで一度演奏したみたいです(その時は行けなかった)
丁度こないだ再発したpuff-upの飯島晃さんのアルバムに言葉を乗せたような音、昔の歌謡曲みたいなのも歌ってたかな?ライブハウスの外の音が聞こえるくらいの小さな音での繊細な感じのアンサンブル。ここのホールは天井が高いので、反響具合がとても気持ちよかったです。

休憩時間前にちょっとだけ「宇波+秋山+杉本」のセッションが有って、後半セットは「さりとて」の二人。

  • 佳村萠 (voice,guitars)
  • 杉本拓 (guitars)

ライブハウスの外の音どころか、空調の音も聞こえるくらいの小さい音と少ない音数。(両手両足で数えられるくらいの音数で一曲)
一歩一歩さぐりながら奇妙な音階を紡いでくような、そんな音楽でした。

2009/12/20 佳村萠+SACHI-A @下北沢LADY JANE

別に追っかけとゆーわけでも無いのですが、ほぼ通ってる佳村萠さんのコンサート。前日に続いてLady Jane二連続です。

前半セット最後はなんとFishmansの曲!確か「Neo Yankees Holiday」の1曲目の「Running Man」だったと思います。ちょっと意外でしたけど、Fishmansのあの浮遊感と透明な感じが結構ピッタリだったかも。
あとはLenard Cohenのハレルヤとか紅い花とかAirの曲とか、朗読のよーなものとか。

あとこのライブ見て初めて気づいた、SACHI-Aさんのコーラスの声は凄く可愛い。

  • 佳村萠 (voice,piano,keyboard)
  • SACHI-A (drums,chorus)

2007/05/17 revival vol.3 -voice + machine- @千駄ヶ谷Loop-line

#久々に佳村萠さんを見に。何でも杉本拓さんと録音してるとか・・・なんか凄い事になってるなぁ。

Analogic

#えーとビデオミキサーに声を突っ込んで変調させた音と映像を「ガピピピピピ」と。

skist

#えーとなんか凄く昔に見た気がするskist(Samm Bennett+いとうはるな)です。

Samm Bennettは、darabukkaとかudu drum(ツボの横に孔開いたヤツ)とか使って気持ちの良いリズムを叩いてました。うーんやっぱしドラムキットでのプレイが見たいなぁ。

いとうはるなのボーカルは、なんだかCharles Haywardを女性にしたよーな感じになっていました。ちょっと意外でビックリ、ちゃんと聴いた事無かったからなー。

  • Samm Bennett (percussions,electronics)
  • いとうはるな (voice,electronics)

( http://www.japanimprov.com/skistj/index.html )

missing man foundation + 佳村萠

missing man foundationについては事前情報まるでナシで・・・

Peter Sladeがテーブルの上のギターのピックアップ切替えのスイッチとkaoss padとループサンプラーとかで音を作って、Cal Lyallの方は power bookでリズム音を出してました。基本的にはIDMとかサウンドスケープとか言った感じの音なのですけど、Peter Sladeが慌しくギターを弄ってるのがとてもユニークで(弦の上にビー球転がしたりとかしてて)結構面白かったです。CD買っちゃった。

んで、ココに佳村萠さんが声を加えていくのですが、予想以上のハマリ具合。来て良かったぁぁぁ。ちょっとアナログチックなサウンドスケープに佳村萠さんのボーカルと朗読が物凄く相性良くて、個人的にはsim+佳村萠の時よりか好きかもしれない。

  • Peter Slade (tabletop guitar,effects)
  • Cal Lyall (laptop)
  • 佳村萠 (voice)

( http://www.soundispatch.com/mmf/ )

( http://www.boyshand.com/ )

f:id:vacatonos:20070517223222j:image

2006/10/26 佳村萠+杉本拓,ホース @明大前KID AILACK HALL

キッドアイラック久々でしたけど・・・アレなんか入口変わった?

佳村萠+杉本拓

予想通り物凄く音数の少ない音楽。ギターが単音でちょっとずつ音を出していって、ぎりぎりメロディーに聴こえる位のボーカルが乗っかるような感じの音。

静か過ぎて耳がイタイ。なにかもーかなり音響とかそーゆーのか知らないけど、かなりエクストリームな音楽だよなぁ。

  • 杉本拓 (guitars)
  • [tag]佳村萠[/tag] (voice,keyboards)

ホース

6年ぶり(FBI以来)に見ました。ベースの一人異次元人っぷりは健在。正直どんな音だったか忘れてたけどベースの人の緩めた弦を「べちーん」って叩く音を聴いて記憶が蘇りました。あぁそうだ、ずーっと中尾勘二さんが後ろで座っていて・・・ホースの面々のアカペラの後に一曲だけカセットテープと共にクラリネット演奏したんだけど・・・アレは何だったんだろう?いや凄い気持ちの良い音色だったけどさ。

  • 宇波拓 (guitars)
  • 江崎将史 (trumpet)
  • 古池寿浩 (trombone)
  • 服部玲治 (percussions)
  • 泉智也 (bass)

( http://www.hibarimusic.com/ )

sim feat. kamura moe / common difference (2006)

simは大島輝之+大谷能生+[tag]植村昌弘[/tag]のトリオ。[tag]佳村萠[/tag]さんは・・・ここ数年ライブ通いしてるんですけど、見るたびちょっとずつ違う不思議な人。(「夢見るように眠りたい」の女優さんとか言えば知ってる人は知ってるかな)

以前に「sim+佳村萠」でライブをやると聴いていて、何か物凄いミスマッチな気がしたのですけど(「ほとらぴからっ」で聴いてる人にとっては物凄い違和感だと思う)

実際見てみると物凄くストイックなsimの音の隙間にフワフワとした佳村さんの声が挟まってるよな感じで面白かったです。

いやsimってなんか聴いてて閉塞感を感じる事が多くて、あんまり好きじゃなかったんですけど、佳村さんの入らないパートでも今までよりちょっと開放感有る感じで。

んでも何か佳村萠さんの音楽活動って、ほとらから始まって鬼怒無月+勝井祐二とかpasadenaとか大友良英とか坂本弘道とか、共演者次第で毎回雰囲気が変わって面白いなぁと。
あ、ちなみにRobert WyattのSea Songも演奏してます。

( http://silver.ap.teacup.com/-sim-/ )

common difference