タグ : 勝井祐二

2008/12/14 Bondage Fruit,Uz Jsme Doma @秋葉原CLUB GOODMAN

チェコの来日祭りの2日目(と言っても今日しか行けそうにないけど)詳しくはこの辺参照。
今日は初回来日の時に、あまりのバカさ加減にビックリしたUz Jsme Domaの3度目の来日。あとBondage Fruit。
ちなみに明日はPavel Fajtとハルキゲニア(清水一登+ナスノミツル+山本達久)、ハルキゲニア凄く見たかったんだけどなぁ・・・ちょっと所要で東京にいない可能性が高いので。

Bondge Fruit

鬼怒さんのMCにもありましたが、Uz Jsme Domaの最初の来日の対バンがwarehouseだったんですね。忘れてた。
えーと曲目は「Three Voices」とか「Locomotive」とか「Dear Gazelle」とか「影絵が消える」とか(たぶん)6枚目辺りの曲が多かったのかな。
ラストは「金属の胎児」んーやっぱし格好イイなぁ「Octopus-Command」とかも聴きたいんだけど、最近はやってないのでしょうか?
あ、そいえば来年は「Let It BeとHotel Californiaを足してSoft Machineを振りかけたような」新曲を作るらしいです。期待。
 鬼怒無月 (guitars)
 勝井祐二 (violin)
 高良久美子 (percussions,vibraphone)
 大坪寛彦 (bass)
 岡部洋一 (percussions)

Uz Jsme Doma

「ウシュ・スマイ・ドマ」と読みます(何度聴いても忘れる)チェコのプログレ・・・プログレではないなぁ「ちょっとレコメンな頭の悪いパンクバンド」みたいな感じです。
えーといきなり一曲目から全力失踪。ハードコアみたいなドラム+ソロ弾かないカッティングばっかギター+ガリガリガリピッキングするベース+脱力トランペットにオヤヂヴォイス×3という音。「凶暴さと間抜けさをマヨネーズで和えてみました」的な、まぁ変態バンドですわ。結構キャリアあるはずだけど、チェコでも人気有るのかなぁ?
あとたぶんチェコ語で歌われてると思うのですが、空耳が聴こえてきてしょーがない。アンコール最後の曲とか途中から「チンポミーヤチンポミーヤチンポミーヤ」って叫んでるようにしか聴こえなくなってきて、ちょっと大変な・・・

 Miroslav Wanek (guitars,keyboards,vocals)
 Papa Cervinka (bass,vocals)
 Adam Tomasek (trumpet,vocals)
 Tomas Paleta (drums)
http://www.uzjsmedoma.com/ )

2008/10/10 高円寺百景,吉田+ナスノ+勝井,RUINS ALONE @吉祥寺STAR PINE'S CAFE

「吉田達也叩きっぱなし」
とゆーかこないだのGOODMANでもそうだったのですが。今回は久々の高円寺百景とゆーことで。

RUINS ALONE

まぁその相変わらず。もーコレはコレで録音しちゃえばいいのに。

吉田+ナスノ+勝井

えーと3人でのインプロ。まぁ良くありそうな組み合わせですけど・・・俺的には見るの初めてかも。
ナスノさんのベースが余計な事してなくて良かったかも。

高円寺百景

去年のMISSIONS以来だから1年以上ぶりかな?
新加入のAhちゃんって方はフラワートラベリンバンドの鍵盤の人(篠原信彦かな)とサイケなバンドをやっているとか。世の中狭いんだか広いんだかよくわからないエピソードですが、ボイスの方はバッチリハマってました。金髪ブーツでフロントでは小森さんと一緒に踊ったりとか。
鍵盤の矢吹卓さんも非常に安定していて、ちょっとクロスオーバーっぽい感じにも。
選曲はほとんど4thからで1曲だけ1stから「AVEDUMMA」やってました。
んーでもやっぱし圧巻、このバンド好きだなー。

4th作った頃からも随分と雰囲気変わってきたので、そろそろこのメンバーでの新曲とか聴いてみたいなーとか。

  • 吉田達也 (drums,voice)
  • 坂元健吾 (bass,voice)
  • 小森慶子 (soprano sax)
  • 矢吹卓 (keyboards)
  • Ah (vocals)

2008/05/16 Bondage Fruit @秋葉原CLUB-GOODMAN

暫く活動してなかったボンフル、随分久しぶりに見るなぁ・・・たぶんMats & Morgan来日の前座の時以来だから、5年ぶりくらいかな?
相変わらずのよーな気もするし、結構変わったような気もします。「オチの無い鬼怒さんの話に勝井さんがやる気なくツッコム」とゆー構図は相変わらず。
2曲目は確か旧曲だったと思うけど、どのアルバムの曲か忘れたー。鬼怒さんのギターがSteve Howeみたいな感じの変な曲。
変な曲と言えばどの曲も変なんですけど、特に2nd set最後の「Sono-Bank」が特に変、ロックバンドの曲の最後で全員フリーで「ズギャーン」って盛り上がる所を繰り返すよーな感じの曲。んでもアレたぶん結構作曲されてるんだろーなぁ。

アンコールは1st収録の「金属の胎児」でMCで「年寄りの冷や水的な・・・」って鬼怒さんは言ってましたけど、やっぱ格好イイなぁとか思いました。

1st set:
1. Storm Bird Strom Dreamer
2. ???(何だっけな)
3. ???(たしか新曲)
4. Locomotive
5. Three Voice

2nd set:
1. (新曲)
2. Cottleston Pie
3. 影絵が消える
4. Sono-Bank

encore:
1. 金属の胎児

 鬼怒無月 (guitars)
 勝井祐二 (violin)
 大坪寛彦 (bass)
 高良久美子 (vibraphone,percussions)
 岡部洋一 (percussions)

2007/10/06 中村達也セッション @新宿PIT-INN

#このブログ見て「誰!?」とか思ってる方とかにも、若干わかりやすい面子のライブを見てきました。Blankey Jet City/Rosaliosの中村達也さんのセッション、メンバーは勝井祐二、DMBQ,Metalchicksの吉村由加、元Soft Balletの森岡賢。
特に何が見てみたかったのかとゆーと元Soft Balletの森岡賢(いや昔ソフトバレエ好きで・・・)
何か新宿PIT-INNなんか出るの珍しいなぁとか。

  • 中村達也 (drums)
  • 勝井祐二 (violin)
  • 吉村由加 (drums)
  • 森岡賢 (piano,synthesizer,thermin)

内容的には・・・んーとバスドラ格好良かったけど、吉村さんとドラムのタイプが重なりすぎてたような気もします。 鍵盤系は勝井さんとうまくかみ合うと面白かったけど、特に1st setでは探りあいしてた感じだったかな?
何か今回コレ見て、普段見てるドラマー(吉田達也とか芳垣安洋とか岡部洋一とか外山明とか)が如何に変態なのかを改めて認識したよーな気がします。

あと「ここ新宿PIT-INNだったよな?」みたいな客のノリは可笑しかった。

2007/10/06 中村達也セッション @新宿PIT-INN2007/10/06 中村達也セッション @新宿PIT-INN2007/10/06 中村達也セッション @新宿PIT-INN

Mono Fontana / Cribas

1998年に「Ciruelo」っていうなんだか物凄いアルバムを出してたアルゼンチンの鍵盤奏者の2ndアルバム。Kievさんの日記でいつのまにか出てる事を知りました(amazonとかで時々チェックしてたんだけど入荷なし、その筋のネット通販で入手)

同じアルゼンチンのFernando Kabusacki、Santiago Vaquez、Alejandro Franovとかと山本精一、勝井祐二などでeweからセッションCDを出していて、以前のアルゼンチン音響派セッションの時に「ひょっとして日本に来るのか!?」とか思ったのですけど「ヒコーキ、キライ」との事で一人だけ来なかったと噂される人です。
前作の「Ciruelo」ではGismontiっぽい曲芸アンサンブルみたいな部分が有ったのですけど、今回のはほとんど環境音をバックに訥々としたピアノソロ(数曲Santiago Vazquezのパーカッションが入ってるのかな?)
会社のパソコンに突っ込んで仕事しながら聞き流してた時には「うーんちょっと地味かなぁ?」なんて思ってたんですけど・・・今日家で聴きなおして見たら凄かった。即興ピアノのようにも聞こえるのですけど、コレは相当計算されてないか。
Keith JarrettとかGismontiのECMモノにも似た雰囲気が有るのですけど、それよりも何か物凄く私的で純粋な感じの。工藤冬里のピアノソロとかの無邪気にも鋭い感覚にも似たよな。

Mono Fontana / Cribas

2006/11/30 石橋英子+吉田達也+ナスノミツル+鬼怒無月 @高円寺ペンギンハウス

親父は入院してますが(今日見舞いに行ってきた)息子はライブに行くのです。

前回見て無茶苦茶好みだった石橋英子+吉田達也のライブ。高円寺ペンギンハウスにて(満員だった)

最初は「吉田達也+石橋英子」での演奏。最初の「ホスピタル」って曲、前にもライブで聴いたけどとっても格好よくて、何かに収録されてんのかなー。ルインズの曲を2曲演奏した後は「カバーコーナー」という事で(プログレばっかじゃん)

Soft Machineの2ndからの曲では「俺にも弾かせろ」ということで鬼怒無月さんも参加。しかしThis HeatもGenesis(ナスノさん参加)もなかなかイカした曲をチョイスしてます。吉田さんが戸川純バンド用に作ったけど「歌いにくい」とゆー事で没になった名無しの曲とか。前回もやった是巨人の曲とか。

  1. ホスピタル (石橋英子)
  2. (ルインズの曲)
  3. (ルインズの曲)
  4. As Long As He Lies Perfectly Still (Soft Machine)
  5. Twilight Furniture (This Heat)
  6. Time Table (Genesis)
  7. ベラのテーマ (石橋英子)
  8. (戸川純バンドの没曲)
  9. (是巨人の曲)
  10. クラシックメドレー

で、休憩はさんで是巨人の3人での演奏。インプロなので是巨人というより「世界遺産 – 勝井祐二」って感じかな。短めに4セットくらい演奏してましたけど、この日は演奏以外の全て(主にMC)が緩くて緩くて可笑しかったです。「今堀っぽい・・・」とか言って演奏してたセットの前半が本当にunbeltipo trioっぽくて可笑しかった、後半はいつもの感じでしたけど。もう一個大笑いのヤツが有ったけどコレは書けない。

で、再び石橋さんを加えた4人で「Nervecell (是巨人)」と「She Makes Me (Queen)」を演奏。だから選曲が渋いっちゅーの、このメンバーが全員クイーン好きってのも何か微妙な感じでよろしい。

アンコールは前半にDUOで演奏した是巨人の曲を4人で。

曲:即興 = 7:3くらいの個人的には理想的なバランスのライブでした。「石橋+吉田」でアルバム作ってくれないかなー。

あと物販で「Soft Mountain(吉田達也+ホッピー神山+Hugh Hopper+Elton Dean)」を購入。Elton Deanが結構吹きまくってて4th/5th辺りのソフトマシーンみたいでとても良いです・・・・改めて合掌。

  • 吉田達也 (drums,voices)
  • 石橋英子 (piano,flute,voices)
  • ナスノミツル (bass,voices)
  • 鬼怒無月 (guitars,voices)

2006/08/04 是巨人,fossa magna,世界遺産 @秋葉原CLUB GOOD-MAN

えーとようやく仕事の目処が付いてきたので、早めに切り上げて秋葉原。久々のグッドマン・・・・・っつーか何でこの組み合わせで椅子出すんだろう?

是巨人

新譜レコ初のハズが、どうも間に合わなかった模様。とりあえず予約して特典の「イエスメドレー8cm CD」をゲットしてきました。
ライブの方はココ最近コンスタントに活動してるだけ有って安心。無茶なコンポジションをビシバシ決めるのが気持ちイイ。
「PATOS」って曲では何となく美狂乱っぽかったよーな気が。最後に「JASON」って曲。

  • [tag]吉田達也[/tag] (drums)
  • [tag]ナスノミツル[/tag] (bass)
  • [tag]鬼怒無月[/tag] (guitars)

fossa magna

クラムボンのミト、伊藤大助とNathalie Wise(とかundercurrentとかパスカルズとか)の斉藤哲也さんのユニット。初めて見た。

斉藤哲也さん好きなので、どんな音かちょっと期待してたんだけど・・・ちょっと緩めの・・・いや嫌いじゃないんだけど緩めの・・・zzzzz

起きたら終わってた。ゴメン。

  • [tag]斉藤哲也[/tag] (piano,pianica)
  • ミト (bass)
  • 伊藤大助 (drums)

世界遺産

で、世界遺産 (WORLD HERITAGE)

  • [tag]吉田達也[/tag] (drums)
  • [tag]ナスノミツル[/tag] (bass)
  • [tag]鬼怒無月[/tag] (guitars)
  • [tag]勝井祐二[/tag] (violin)

はい、是巨人に勝井さん足しただけです。んでもこちらは完全インプロバンド(最後に「世界遺産のテーマ」って曲やったけど)いつもの如くいつもの音で。

あーでもブレークの後、30秒くらいで再びピークに至るような、このせわしなくて傍若無人な音、やっぱ好きだな。

World Heritage / 北回帰線

吉田達也+勝井祐二+ナスノミツル+鬼怒無月+山本精一でのインプロ。こんなの出るの知らなかったです。

基本的には吉田色が強いかな、是巨人をインプロにしてゲスト加えたような演奏(って見たままか)とにかく引っ張りまくる吉田+ナスノのリズムセクションが強力です。問答無用のハイテンション。

こーゆーの聴くと、まだまだこのシーンが好きなんだなぁと思います。今更ですがこの手のシーンの入門盤にしてもイイような出来。

この編成でのライブはやらないのかな?

北回帰線

北回帰線

2006/03/16 unbeltipo duo,eEYO idoit @吉祥寺MANDA-LA2

えーとこれは木曜日の話。何だか最近その日に日記書けなくって・・・

とりあえず仕事を強引に終わらせて(ヒント:終わってない)吉祥寺へ。雨風強い中、結構入ってます。

unbeltipo duo

  • [tag]今堀恒雄[/tag] (guitars)
  • [tag]清水一登[/tag] (piano,bass clarinet)

えーと以前にはココでunbeltipo soloというのもやってましたけど、今回は清水さんとのデュオ形式。ソロの時はアコギでしたけど、今回はエレキギターです。曲目は以下。

  1. Method of Panic
  2. UBT #13
  3. UBT #12
  4. クローム襲撃

どこまでがインプロでどこまでが作曲かよくわかんないけど「Panic of Method」なんかの無茶なアクセントに清水さんもよく付いて行きます。
最後の「クローム襲撃」では清水さんがバスクラ、今堀さんがアコギで二人とも前に並んで「何か仲良しみたいですねぇ~」とか何とか。この曲では清水さんがハーモニカを吹き歌いだしました、やはりこんな所でもやってしまうのですねぇ。。。可笑しかった。

eEYO idiot

  • [tag]eEYO[/tag] (vocals)
  • [tag]中原信雄[/tag] (bass)
  • [tag]内橋和久[/tag] (guitars)
  • [tag]勝井祐二[/tag] (violin)
  • [tag]外山明[/tag] (drums)

うはー何だか凄いメンツ。セットリストはよくわかんないので省略。この濃ゆいバックできっちり歌モノしてるのって、一時期のSPANK HAPPYみたいな気もします。歌モノだけれどもバックの自由度はかなり高い感じで(新曲では外山さんの譜面無いとか言ってたしなぁ)
特に外山明さんのドラムを久々に聴いたのですけど非常に気持ちイイ。最後には客席に無理やり割って入って会場の中で歌ってました、一緒に踊らされるマンダラスタッフ。楽しいライブでした。

2006/01/08 佳村萠+鬼怒無月+勝井祐二 @下北沢LADY JANE

という訳で2006年一発目のライブ観戦をしてきました。

この編成では3年前に同じ場所で初めてやったライブを見てて、その時の魔法みたいな音が忘れられないで何度もライブ通いしていました。

その間に「with坂本弘道+松永孝義」とか「with pasadena」とか「with 大友良英+植村昌弘」とか色々見たけど、やっぱりこの編成での佳村萠さんが一番イイなぁ~と(あ、ほとらぴからっは別の話でね)思いました。

前半では朗読をメインに、鬼怒さんのアコギと勝井さんのバイオリンで静かに盛り上げてく感じ。「あーそうそうこの感じ」と、昔聴いた空気の色が変わるよーな感じの不思議空間でした。

後半では歌モノをメインに。最初にやった「お魚のぼうけん」という可愛い曲は随分昔に書いた曲だとか。その後にカバー2曲「I dream of Jeannie」って「かわいい魔女ジニー」の事だと思うけど、誰の曲なんだろう?最後の「この世の天国」はこの日一番良かったと思います。音数少ない曲でしたけど、あの静かな緊張感が堪らなくて。

ちなみにこの日、開演ギリギリに行ったらLADY JANEのステージ側の一番奥に座る羽目になりました。勝井さんの背中から演奏してるのを覗き込むような感じで・・・勝井さんがエフェクタ踏むのがよく見えました。

んで、以下セットリスト。

[ 1st set ]

  1. 「満月のひなた」
  2. 月夜のブレスレッド
  3. 飛行士なのあの人
  4. 朗読
  5. カメレオン・パーティ

[ 2nd set ]

  1. お魚のぼうけん
  2. I dream of Jeannie
  3. Calling You
  4. 不死身の花
  5. この世の天国
  6. うさぎのくらし(アンコール)
  • [tag]佳村萠[/tag] (vocals,朗読)
  • [tag]鬼怒無月[/tag] (guitars)
  • [tag]勝井祐二[/tag] (violin)