タグ : 斎藤ネコ

2012/12/12 ほとらぴからっ @六本木Super Deluxe

よーやく完全復活、しかも2名+13名という、過去最大人数での「ほとらぴからっ」のライブでした。
打楽器4人に弦カルという・・・参加メンバーは以下の通りで、個人的にはステージ上見渡す限り好きなミュージシャンばかり並んでいるという状態で。

次回は2013/3/3に下北沢La Canaだそうです。

1. 天女
2. 痛い時間
3. 海ざる
4. さっちゃん
5. 重陽
6. ????(でもちょっと、気持ち悪いね~)
7. カメレオンパーティ
8. 初恋のあとのあと

1. 七夕
2. 花子さんの場合
3. うめよ
4. す・き・ま
5. 残夢
6. ???? (シンセと台詞っぽいの)
7. ダンスの楽園

1. 夢見るように眠りたい (佳村+張)
2. フラミンゴ

佳村萠 (vocals)
張紅陽 (keyboard, piano, accordion)

浦山秀彦 (guitar)
バカボン鈴木 (bass, mandolin)
近藤達郎 (harmonica, clarinet)
清水一登 (bass clarinet)
斎藤ネコ (violin)
向島ゆり子 (viola)
高橋香織 (violin)
四家卯大 (cello)
whacho (percussion)
横澤龍太郎 (percussion)
仙波清彦 (percussion)
U-zhaan (tabla)
れいち (chorus)

2011/01/27 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

  1. PERU
  2. 8687
  3. Limbo dance
  4. (ピアソラの曲)
  5. SALON
  1. Following evening
  2. Sebo Murchose
  3. ヒョーロク玉
  4. 沈黙する湖
  5. BOB
  1. EBRIO
  • 清水一登 (piano,keyboards)
  • Ma*To (tabla,synthesizer)
  • whacho (percussions)
  • MECKEN (bass)
  • 斎藤ネコ (violin)

2010/09/10 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

4月の元住吉POWERS2以来なので5ヶ月ぶりかな?KILLING TIMEのライブです。
今回はご家庭の事情でwhachoさんが欠席、この5人でKILLING TIMEってのは初めてような。
珍しく最初っから「日没」(ラストとかアンコールでやること多かったような)からのスタート。この日はいつもとだいぶ曲順が違います。
メンバーも仰ってましたが「今日はバイオリンの音がよく聞こえる」と。まぁパーカッションとギター居ないし。うん。
バイオリンも良く聞こえましたが、MECKENさんのベースもいつもより良く聴こえた気がします。ちょっと楽器の数足りない分、鍵盤もバイオリンが埋めるようにいつもより音数多めで。Following evening~Limbo Danceの辺りとか良かったなぁ。

アンコールでは青山さんが出てきて「アンコール分は後半セットの最初にやったから、もうやんない」と。だがしかしダチョウ倶楽部のノリで、結局アンコールの拍手は鳴り止まず。
んでしぶしぶメンバー出てきて…「何やるー?」「あのキメだらけのー(重量投げの事かな)」「譜面ないよー」(ここでMa*Toさんが譜面持ってくる)「タスマニアなら一杯あるけどー」「愛の桟橋ってなんだっけー」「あーそれすっごいイイ曲」・・・などのやり取りがあり「重量投げ」と「タスマニア」どっちが良い?という話で、客からは「両方」と。
結局、最初に重量投げのキメ(というかこの曲キメしかないけど)をやって、突っ走るパートからタスマニアに無理矢理移行するというアンコールでした。ネコさんの譜面を必死に覗き込むMECKENさんが面白かった。

  1. 日没
  2. PERU
  3. 沈黙する湖
  4. ヒョーロク玉
  1. SALON
  2. 8687
  3. Following evening
  4. Limbo dance
  5. Blivits
  6. Bob
  7. 重量投げ(ちょっとだけ)
  8. タスマニア
  • 清水一登 (piano, DW-8000)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • Ma*To (tabla, synthesizers)
  • MECKEN (bass)
  • 青山純 (drums)

2010/01/21 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

去年の8月以来のキリングタイムのライブでっす。若干一名ほど欠席されておりますが、青山純さんが復帰されてます。 
今回は清水さんの所に借り物のフェンダーローズが置いていて、ピアノと半々くらいに使ってました。両手でピアノと一緒に演奏するのは面白い感じ・・・ちなみにリハ中に一回壊して、ライブ中にまた壊したみたい。 
「SALON」では久々に小川美潮さんがゲストでボーカル。最後のピョーって上がってく所が可愛い。 

2部の最初は「沈黙する湖」コレは珍しい。少なくとも自分が見に行くようになった1996年以降だと初めてこの曲を演奏するのを見た気がします。 
「Following Evening~WISH」では間に「Sebu Murchse」みたいなのをちょっと挟んでました。 
後は最後「BOB」での斎藤ネコさん…やっぱスゲーわ。いや凄くないと思ってたわけでは無いのですが、今回はギターの音が無いのでBOBのラストのギターの所までバイオリンで、アタマおかしいんじゃ無いかと思われるような演奏。 

今回は清水さんのピアノの音が前に出てて、ちょっと硬質な感じ…っていうかプログレっぽい?フリーなパートとかちょっと多めになった感じも。 

次回のライブはまだ決まってないのですが、また必ず行こうと思います。 

  1. Peru
  2. 8687
  3. Fall
  4. Ebrio
  5. impro.
  6. Limbo Dance
  7. SALON
  1. 沈黙する湖
  2. ヒョーロク玉
  3. impro.
  4. Following evening
  5. WISH
  6. Blivits
  7. BOB
  1. 日没
  • 清水一登 (piano,fender rhodes)
  • Ma*To (tabla,keyboards)
  • whacho (percussions)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • MECKEN (bass)
  • 青山純 (drums)
  • 小川美潮 (vocals on SALON)

DSCF1826DSCF1831DSCF1827DSCF1822DSCF1823

2009/06/24 Giulietta Machine+斎藤ネコ+小川美潮 @渋谷クラシックス

というわけで、Giulietta Machineの3rdレコ発に行ってきました。 
このユニットって控えめな音像で、パッと聴きBGMみたいですけど、何かこー80年代経由した黒さみたいなのが見え隠れしてたりするような気もします。 
前半セット後半からゲストのネコさんが登場でぐっと緊張感が高まる感じ、特に前半最後の曲の藤井信雄さんのドラムが凄かった。うーん上手い。 
後半は美潮さんが参加、ちょっと前に同じ会場で演奏してた江藤さんの曲なども交えて。美潮さんが歌うとやっぱりそれは美潮ワールドになってしまうのですが、ウズマキともスプラトともちょっと違って、淡々とした感じが気持ちよいです。 
アンコールではジョビンの「ワンノートサンバ」コレがこの日の演奏の中でも抜けて良かったよに思います。ネコさんの一音ソロも笑ったし。 

ちなみにこの後7月は六本木スーパーデラックスでテニスコーツと対バン、そして8月には新宿ピットインでPHEW+大友良英と共演とか。 

とりあえず新譜買いました。この日はやりませんでしたけど新譜の「MORUS」って曲のモールス信号のパターンが、俺の携帯の着信音と全く一緒で何か目覚まし鳴ってる気分になった。 

1st set: 

  1. Samba Giulietta
  2. Caprica
  3. Africo
  4. Lounge
  5. Smith
  6. Arios
  7. Rain Tree
  8. Song
  9. Nanan

2nd set: 

  1. ときどき
  2. waltz for mishio
  3. night song
  4. 三月の水 (Aguas De Marco)
  5. ぼんやりと
  6. バラに降る雨 (Double Rainbow)
  7. duet for neko and mishio
  8. ひまわり

encore: 

  1. One Note Samba
  2. かえるのサンバ
  • 江藤直子 (piano,keyboards,vocals)
  • 大津真 (guitars)
  • 藤井信雄 (drums)
  • 西村雄介 (bass)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • 小川美潮 (vocals)

2009/06/10 Killling Time+山本達久 @高円寺

そんな訳で自分内世界最高バンドのライブに行ってきました。 
今回のドラムはなんと山本達久さん、何度かセッションとかイベントとかで見てますが凄い柔軟なドラムの方。 
青山さんとも仙波師匠ともオイラーとも違う、金物にちょっと特徴のある感じの(個人的にはDaniel Denisっぽいなーとか思ったりも) 

しかしあのヘンテコな曲をリハ一回でよくあんなに出来るなーとか。BOB後半とかは煽りまくりでやたらと珍しく熱い展開になっていて面白かったです。板倉さんのギターもいつもよりちょっとニューウェーブっぽくて面白かった。 

次回決定済みはとりあえず 8/6の代官山豆まいてかな? 

1st set: 

  1. PERU
  2. 8687
  3. Following Evening
  4. セブムチョセ
  5. FALL
  6. 奴隷の恩返し
  7. SALON

2nd set: 

  1. 重量投げ
  2. MIFUNE
  3. ヒョーロク玉
  4. LIMBO’S DANCE
  5. WISH
  6. EBRIO
  7. BOB

encore: 

  1. 日没
  • 板倉文 (guitars)
  • 清水一登 (piano,keyboards)
  • Ma*To (tabla,keybaords)
  • whacho (percussions)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • mecken (bass)
  • 山本達久 (drums)

2009/01/12 KILLING TIME @吉祥寺MANDA-LA2

新年初キリングタイムです。意外なのですけど吉祥寺MANDA-LA2では初めてです。
最近はセットリストに「MIFUNE」と「ヒョーロク玉」が加わったのと、清水さんの無茶曲「重量投げ」はこの編成は初かな?ベースドラム有りだとお馬鹿なキメが目立って面白いです。定番曲でも「BOB」の最後のパートに入る部分がちょっと変わってたりとか。
まぁそんな些細なことよりも、なんかこの楽器同士で緩ーいコントを繰り広げてるような空間が毎回気持ちよすぎてですね。まぁもういつもの通りといえばそうですけど、いつも通り素晴らしいとゆーか。最後の「日没」なんかは聴いててボーっとしちゃいました。
次回は 03/22@高円寺JIROKICHI です。

1st set:
1. PERU
2. 8687
3. Following Evening
4. FALL
5. SANFONA
6. 奴隷の恩返し
7. SALON

2nd set:
1. 重量投げ
2. MIFUNE
3. ヒョーロク玉
4. LIMBO’S DANCE
5. WISH
6. EBRIO
7. BLIVITS
8. BOB

encore:
1. かたたたき
2. 日没

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano,keyboards)
 Ma*To (tabla,keyboards)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 斎藤ネコ (violin)
 オイラー小林 (drums)

2008/10/31 シュンブンのミたすネコ @祐天寺FJ's

美潮さんユニット、今回は珍しく斎藤ネコさんがゲストとゆーことで行ってきました。
最初三曲は美潮さん大川さん板倉さんでの演奏。えーとまぁいつもの通りゆるーい雰囲気での演奏。1部最後の「Close To You」はカーペンターズ。
「Ombra mai fu」はヘンデルの曲、なんでも昔ネコカルのゲストの時にこの曲やったそうですがーーー歌詞すげぇ。「WISH」はKILLING TIMEのライブで清水さんとネコさんがタイミング外し合戦をやってるのを見て「私も一度アレやってみたかった」との事(笑)
後半は半ば無理矢理に深町純さんが出ずっぱり。「A Fala Da Paixao」とか「はじめて」とかの斎藤ネコさんのバイオリンが冴えててイイなぁ。

1. 三月の水
2. Dear Mr.Optimist
3. Four to Three
4. A Fala Da Paixao
5. 軽い心 (矢野誠)
6. サンホセへの道
7. Close To You

1. impro.
2. Ombra mai fu
3. WISH
4. 彼は外人
5. はじめて
6. 私は宝

1. Ombra mai fu

 小川美潮 (vocals,鍵盤リコーダー)
 板倉文 (guitars)
 大川俊司 (bass)
 斎藤ネコ (violin)
 深町純 (piano)

2008/09/16 KILLING TIME @渋谷JZ Brat

じいちゃんの葬儀と初七日法要と精進落としを済ませて、新幹線で一ノ関→東京→渋谷。 まぁ当然1st setは終わってましたが。
セットリストは某所から。
俺聴いたのは2nd setからなので・・・新曲のFallってどんな曲だったんだろー?あと「重量投げ」ってゆー、清水一登先カンブリアクラリネット四重奏団(長い)でもやってた無茶な曲をちょっとリハしたとか何とか。
2nd setは最初から珍しい曲「MIFUNE」の演奏。ナマでは初めて聴きましたけど、結構ライブでも面白いなぁ。続いてオパビニアとか清水さんのセッションで演奏してた「ヒョーロク玉」を、KILLING TIMEでは初演かな?またこの曲も大分雰囲気変わっておもしろー。
その後はいつもの如く、変な形のパズルのピースが意外とパッチリと嵌ってく感じの音がスルスルと。やっぱし何度聴いてもイイなぁ・・・前半も聴きたかったよ。
アンコールでは小川美潮さんが参加して「Onnari」を演奏。急に歌モノになってもスッと入ってく感じがやっぱし凄いなぁ。

えーと次回は10/24の高円寺JIROKICHI、ゲストに高橋香織さんでっす。

1st set:
1. PERU
2. 8687
3. Following Evening
4. Fall (新曲)
5. SANFONA
6. Porka for Zippy
7. 奴隷の恩返し
8. SALON

2nd set:
1. MIFUNE
2. ヒョーロク玉
3. Limbo’s Dance
4. Wish
5. Ebrio
6. BLIVITS
7. BOB

encore:
1. Onnari〜pon pon tu pon pon
2. 日没

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano,keyboards,xylophone)
 Ma*To (tabla,keyboards)
 斎藤ネコ (violin)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 青山純 (drums)
 小川美潮 (vocals on ‘Onnari’)

2008/07/15 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

意外と久しぶりでもないKILLING TIMEフルメンバーでのライブ。最近はもうホームっぽい高円寺JIROKICHIにて。
この日はゲスト一切無しでメンバー7人だけの演奏、清水さんはバスクラ無しシンセ無しでピアノのみ。

青山純さんが凄い良かったなー、何か排気量大きめの車で高速走ってるよーな安定感で。
MCも少なめにサクサクと進んでいきますが、内容は濃かったです。「あぁバンドなんだなー」なんて事を見ながら思いました。

ちなみに↓のセットリストは当日の曲順表から。「平清盛」もすげーけど「猿」って。。。。。

1st set:
1. フジモリ大統領 (PERU)
2. 八郎潟 (8687)
3. 明日の夜伽 (Following Evening)
4. 成分無調整 (セブムチョセ)
5. 三歩七歩 (Sanfona)
6. とんがりチェコ (Polka For Zippy)
7. おそそふき (かたたたき)
8. 猿 (SALON)

2nd set:
1. オランダ東インド会社総督ヴァン・ディーメン (impro〜タスマニア)
2. ガンボー (WISH)
3. エビ漁 (EBRIO)
4. ゆっくりさん (Limbo Dance)
5. 余計 (Blivits)
6. 808 (BOB)

encore:
1. 魯鈍大名 (奴隷の恩返し)
2. 平清盛 (日没)

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano)
 Ma*To (keyboard,tabla)
 斎藤ネコ (violin)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 青山純 (drums)