タグ : 板倉文

2010/01/21 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

去年の8月以来のキリングタイムのライブでっす。若干一名ほど欠席されておりますが、青山純さんが復帰されてます。 
今回は清水さんの所に借り物のフェンダーローズが置いていて、ピアノと半々くらいに使ってました。両手でピアノと一緒に演奏するのは面白い感じ・・・ちなみにリハ中に一回壊して、ライブ中にまた壊したみたい。 
「SALON」では久々に小川美潮さんがゲストでボーカル。最後のピョーって上がってく所が可愛い。 

2部の最初は「沈黙する湖」コレは珍しい。少なくとも自分が見に行くようになった1996年以降だと初めてこの曲を演奏するのを見た気がします。 
「Following Evening~WISH」では間に「Sebu Murchse」みたいなのをちょっと挟んでました。 
後は最後「BOB」での斎藤ネコさん…やっぱスゲーわ。いや凄くないと思ってたわけでは無いのですが、今回はギターの音が無いのでBOBのラストのギターの所までバイオリンで、アタマおかしいんじゃ無いかと思われるような演奏。 

今回は清水さんのピアノの音が前に出てて、ちょっと硬質な感じ…っていうかプログレっぽい?フリーなパートとかちょっと多めになった感じも。 

次回のライブはまだ決まってないのですが、また必ず行こうと思います。 

  1. Peru
  2. 8687
  3. Fall
  4. Ebrio
  5. impro.
  6. Limbo Dance
  7. SALON
  1. 沈黙する湖
  2. ヒョーロク玉
  3. impro.
  4. Following evening
  5. WISH
  6. Blivits
  7. BOB
  1. 日没
  • 清水一登 (piano,fender rhodes)
  • Ma*To (tabla,keyboards)
  • whacho (percussions)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • MECKEN (bass)
  • 青山純 (drums)
  • 小川美潮 (vocals on SALON)

DSCF1826DSCF1831DSCF1827DSCF1822DSCF1823

2009/06/10 Killling Time+山本達久 @高円寺

そんな訳で自分内世界最高バンドのライブに行ってきました。 
今回のドラムはなんと山本達久さん、何度かセッションとかイベントとかで見てますが凄い柔軟なドラムの方。 
青山さんとも仙波師匠ともオイラーとも違う、金物にちょっと特徴のある感じの(個人的にはDaniel Denisっぽいなーとか思ったりも) 

しかしあのヘンテコな曲をリハ一回でよくあんなに出来るなーとか。BOB後半とかは煽りまくりでやたらと珍しく熱い展開になっていて面白かったです。板倉さんのギターもいつもよりちょっとニューウェーブっぽくて面白かった。 

次回決定済みはとりあえず 8/6の代官山豆まいてかな? 

1st set: 

  1. PERU
  2. 8687
  3. Following Evening
  4. セブムチョセ
  5. FALL
  6. 奴隷の恩返し
  7. SALON

2nd set: 

  1. 重量投げ
  2. MIFUNE
  3. ヒョーロク玉
  4. LIMBO’S DANCE
  5. WISH
  6. EBRIO
  7. BOB

encore: 

  1. 日没
  • 板倉文 (guitars)
  • 清水一登 (piano,keyboards)
  • Ma*To (tabla,keybaords)
  • whacho (percussions)
  • 斎藤ネコ (violin)
  • mecken (bass)
  • 山本達久 (drums)

2009/01/12 KILLING TIME @吉祥寺MANDA-LA2

新年初キリングタイムです。意外なのですけど吉祥寺MANDA-LA2では初めてです。
最近はセットリストに「MIFUNE」と「ヒョーロク玉」が加わったのと、清水さんの無茶曲「重量投げ」はこの編成は初かな?ベースドラム有りだとお馬鹿なキメが目立って面白いです。定番曲でも「BOB」の最後のパートに入る部分がちょっと変わってたりとか。
まぁそんな些細なことよりも、なんかこの楽器同士で緩ーいコントを繰り広げてるような空間が毎回気持ちよすぎてですね。まぁもういつもの通りといえばそうですけど、いつも通り素晴らしいとゆーか。最後の「日没」なんかは聴いててボーっとしちゃいました。
次回は 03/22@高円寺JIROKICHI です。

1st set:
1. PERU
2. 8687
3. Following Evening
4. FALL
5. SANFONA
6. 奴隷の恩返し
7. SALON

2nd set:
1. 重量投げ
2. MIFUNE
3. ヒョーロク玉
4. LIMBO’S DANCE
5. WISH
6. EBRIO
7. BLIVITS
8. BOB

encore:
1. かたたたき
2. 日没

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano,keyboards)
 Ma*To (tabla,keyboards)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 斎藤ネコ (violin)
 オイラー小林 (drums)

2008/01/03 ウズマキマズウ-1 @関内Stormy Monday

新年最初のライブはやっぱりコレだったりします(確か去年も1/4に見てる)
岩手から新幹線で一旦家に戻って荷物置いてから関内に向かったらやっぱり遅刻したけど、年明け早々からなんか充実してるなーって感じのライブです。
特に後半の「人と星の間~窓」の盛り上がりが凄かった。何かバンドならではの音で、1+1が2以上になる瞬間を見たよな感じ。
板倉さんのギターがイイとかBANANAさんのシンセがクロスオーバーみたいとかMa*Toさんの鍵盤が地味に凄いとか大川さんが流石すぎるとか色々あるのですが、やっぱし美潮さんの声と歌がなんか奇跡的な感じで。

1st set:
1. はじめて
2. デンキ
3. Four to Three
4. 檸檬の月
5. 7月
6. 南洋でヨイショ

2nd set:
1. 3月の水
2. You Never Give Me Your Money (Beatles)
3. 犬の日々
4. Forget-me-not
5. On The Road
6. 人と星の間
7. 窓

encore:
1. 私は宝

 小川美潮 (vocals)
 板倉文 (guitars)
 BANANA-UG (keyboards)
 Ma*To (keyboards)
 大川俊司 (bass)
 MAC清水 (percussions)
 オイラー小林 (drums)

2008/11/30 Primal Killing Time @祐天寺FJ's

そんなで今回は4人編成でのキリングタイム。

最初は「逆瀬川」なんかXenakisとRichard Wrightの話を延々と。そしてミニマルな「dusk」は気持ちよくて眠りそうになる手前くらいまで延々と演奏。
「sekvi」てのは2ndのSKIPの音の洪水の中から微かに聴こえてくるすんげー綺麗なメロディーの曲。1996年のKILLING TIMEでやってたっけな?あと「清水+斎藤+鬼怒」でもやってた。最近だと俺が行けなかった渋谷のツインズよしはしのライブの時にやってたみたい。曲の途中でリズム変わる時に板倉さんが「イン・コリエンテ」って言うのですけど・・「en corrirente(流れにまかせて)」って事かな?あーでもこの曲聴けただけでも来た甲斐あった。
その後はカバーを2曲。なんだか「ヒョーロク玉」は小編成の方が馴染むような気がしますね。

2nd setはインプロから、うーんサイケでコズミック・・・というかレイブとかのイベントにこういう人いそうだよなぁ。
KILLING TIMEでは初演の「重量投げ」という曲・・・・いや清水さんのクラリネットカルテットで1回聴いたのですけど、最初の変なキメは確かにあんな感じだったとは思うけど。内股で鉄アレイ挟みながら徒競走するよな感じの音(何言ってるかよくわからんですが)そこから後は「夢の桟橋」「EBRIO」「8687」「PERU」と安定したメロディーの綺麗な曲。

あと今回はやたらとMCが多くて嬉しかったな、あんまり普段は余計なこと喋らない事多いし。
「珍しい曲が聴ける」ってのも有りますが、やっぱし7人編成とは違った魅力があると思います。変なリズムのバンドは沢山ありますけど、変なコードでじんわりトホホでスリリングな感じはやっぱしこのバンドじゃないとなぁ。見逃しちゃった人残念でした。

次回は来年、1/12に吉祥寺MANDA-LA2にて。

1st set:
1. 逆瀬川
2. dusk
3. sekvi
4. Cascade of the Seven Waterfalls (Azymuth)
5. Zingaro (Antonio Carlos Jobim)
6. ヒョーロク玉
7. Limbo Dance

2nd set:
1. インプロ
2. FALL
3. 重量投げ
4. 夢の桟橋
5. EBRIO
6. 8687
7. PERU

encore:
1. かたたたき

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano,keyboards,bass clarinet)
 Ma*To (keyboards,tabla)
 whacho (percussions)

2008/10/31 シュンブンのミたすネコ @祐天寺FJ's

美潮さんユニット、今回は珍しく斎藤ネコさんがゲストとゆーことで行ってきました。
最初三曲は美潮さん大川さん板倉さんでの演奏。えーとまぁいつもの通りゆるーい雰囲気での演奏。1部最後の「Close To You」はカーペンターズ。
「Ombra mai fu」はヘンデルの曲、なんでも昔ネコカルのゲストの時にこの曲やったそうですがーーー歌詞すげぇ。「WISH」はKILLING TIMEのライブで清水さんとネコさんがタイミング外し合戦をやってるのを見て「私も一度アレやってみたかった」との事(笑)
後半は半ば無理矢理に深町純さんが出ずっぱり。「A Fala Da Paixao」とか「はじめて」とかの斎藤ネコさんのバイオリンが冴えててイイなぁ。

1. 三月の水
2. Dear Mr.Optimist
3. Four to Three
4. A Fala Da Paixao
5. 軽い心 (矢野誠)
6. サンホセへの道
7. Close To You

1. impro.
2. Ombra mai fu
3. WISH
4. 彼は外人
5. はじめて
6. 私は宝

1. Ombra mai fu

 小川美潮 (vocals,鍵盤リコーダー)
 板倉文 (guitars)
 大川俊司 (bass)
 斎藤ネコ (violin)
 深町純 (piano)

2008/10/29 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

岩手の法事から喪服を着たまま高円寺JIROKICHIへ直行。コレだけは外すことができないので。 

今回はネコさん抜きで代わりに高橋香織さん。当然ネコさんとは演奏違いますけど、もうメンバーと言ってもいいくらい堂々とした感じで。というか他レギュラーメンバーの容赦の無い演奏が可笑しかったです。1部最後のSALONとか。 
前回からの新曲「Fall」個人的に前回聴けなかったので嬉しかったです。 
「ヒョーロク玉」は不穏な雰囲気で終わるのかな?と思ったらそのまま「Limbo Dance」へ。この繋ぎ面白いなぁ。2部最初では前回久々にやった「MIFUNE」もまた演奏。 

えーと、世界で一番好きなバンドなので1996年以降の見れるライブは全部見てるのですが(コミュ管理人でもあるし)そんな中でも今日のライブはトップ3に入るくらい素晴らしかったです。特に板倉さんのギターが歌ってる感じとか。いやもー本当になんか不思議な生き物を見るようなライブでした。 

1st set: 
1. PERU 
2. 8687 
3. Following Evening 
4. Fall 
5. Sanfona 
6. 奴隷の恩返し 
7. SALON 

2nd set: 
1. MIFUNE 
2. ヒョーロク玉 
3. Limbo Dance 
4. WISH 
5. EBRIO 
6. BLIVITS 
7. BOB 

encore: 
1. かたたたき 
2. 日没 

 板倉文 (guitars) 
 Ma*To (keyboards,tabla) 
 清水一登 (piano,keyboards) 
 whacho (percussions) 
 MECKEN (bass) 
 青山純 (drums) 
 高橋香織 (violin)

2008/09/16 KILLING TIME @渋谷JZ Brat

じいちゃんの葬儀と初七日法要と精進落としを済ませて、新幹線で一ノ関→東京→渋谷。 まぁ当然1st setは終わってましたが。
セットリストは某所から。
俺聴いたのは2nd setからなので・・・新曲のFallってどんな曲だったんだろー?あと「重量投げ」ってゆー、清水一登先カンブリアクラリネット四重奏団(長い)でもやってた無茶な曲をちょっとリハしたとか何とか。
2nd setは最初から珍しい曲「MIFUNE」の演奏。ナマでは初めて聴きましたけど、結構ライブでも面白いなぁ。続いてオパビニアとか清水さんのセッションで演奏してた「ヒョーロク玉」を、KILLING TIMEでは初演かな?またこの曲も大分雰囲気変わっておもしろー。
その後はいつもの如く、変な形のパズルのピースが意外とパッチリと嵌ってく感じの音がスルスルと。やっぱし何度聴いてもイイなぁ・・・前半も聴きたかったよ。
アンコールでは小川美潮さんが参加して「Onnari」を演奏。急に歌モノになってもスッと入ってく感じがやっぱし凄いなぁ。

えーと次回は10/24の高円寺JIROKICHI、ゲストに高橋香織さんでっす。

1st set:
1. PERU
2. 8687
3. Following Evening
4. Fall (新曲)
5. SANFONA
6. Porka for Zippy
7. 奴隷の恩返し
8. SALON

2nd set:
1. MIFUNE
2. ヒョーロク玉
3. Limbo’s Dance
4. Wish
5. Ebrio
6. BLIVITS
7. BOB

encore:
1. Onnari〜pon pon tu pon pon
2. 日没

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano,keyboards,xylophone)
 Ma*To (tabla,keyboards)
 斎藤ネコ (violin)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 青山純 (drums)
 小川美潮 (vocals on ‘Onnari’)

2008/07/15 KILLING TIME @高円寺JIROKICHI

意外と久しぶりでもないKILLING TIMEフルメンバーでのライブ。最近はもうホームっぽい高円寺JIROKICHIにて。
この日はゲスト一切無しでメンバー7人だけの演奏、清水さんはバスクラ無しシンセ無しでピアノのみ。

青山純さんが凄い良かったなー、何か排気量大きめの車で高速走ってるよーな安定感で。
MCも少なめにサクサクと進んでいきますが、内容は濃かったです。「あぁバンドなんだなー」なんて事を見ながら思いました。

ちなみに↓のセットリストは当日の曲順表から。「平清盛」もすげーけど「猿」って。。。。。

1st set:
1. フジモリ大統領 (PERU)
2. 八郎潟 (8687)
3. 明日の夜伽 (Following Evening)
4. 成分無調整 (セブムチョセ)
5. 三歩七歩 (Sanfona)
6. とんがりチェコ (Polka For Zippy)
7. おそそふき (かたたたき)
8. 猿 (SALON)

2nd set:
1. オランダ東インド会社総督ヴァン・ディーメン (impro〜タスマニア)
2. ガンボー (WISH)
3. エビ漁 (EBRIO)
4. ゆっくりさん (Limbo Dance)
5. 余計 (Blivits)
6. 808 (BOB)

encore:
1. 魯鈍大名 (奴隷の恩返し)
2. 平清盛 (日没)

 板倉文 (guitars)
 清水一登 (piano)
 Ma*To (keyboard,tabla)
 斎藤ネコ (violin)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 青山純 (drums)

2008/05/28 KILLING TIME @モーションブルーヨコハマ

みなとみらい線馬車道から赤レンガ倉庫3階へ。うーん・・・セレブな感じのライブハウス。KILLING TIMEでもなきゃ来ることねーだろーなぁ、とか思いつつ。
KILLING TIMEフルメンバーでのライブ、去年10月の目黒ブルースアレイ以来なので一年経たずにフルメンバーが見れる事となりました。

セットリストは以下の通りです。最初からいきなり「タスマニア」から。「Polka for ZIPPY」は前々回から演奏してる曲(清水+向島+大熊でもやってたけど)やっぱしおuなんかのとも違ってキリングタイムっぽいユーモラスな感じが。
「WISH」での清水さんとネコさんのタイミング外しの戦いは、ネコさん参加の時しか見れないのでー。

2nd最初は、オイラー小林さんが飛び入りゲストで参加。「Undiu」と「EBRIO」でドラム叩いてくれました。同じステージで(というか同じドラムセットで)聴くとやっぱし違うなぁーとか思います。どちらも好きですけど。
で、正式ゲストの小川美潮さんが登場「ブンガワン・ソロ」が素晴らしかったです。後半は「SALON-BLIVITS-BOB」と凄い曲続き。「BOB」ではPAのせいか妙に木琴の音がでかくて、凄いプログレな曲に聴こえました。

アンコールでは、なんと横山雅史さんが登場して奴隷の恩返し〜ベースソロ。meckenさんのベースも好きですが、横山さんのベースも面白いです。またColored Musicやらないかな?
最後はもっかいmeckenさんがステージに戻ってきて「日没」で締め。

フルメンバーに加えて、

えーと次回は7/15(火)高円寺JIROKICHIにて、なんとまたフルメンバーとか・・・キリングタイムコミュ管理人なのですが、半信半疑です。

1st set:
1. タスマニア
2. 8687
3. POLKA for Zippy
4. Following Evening
5. セブムチョセ
6. SANFONA
7. WISH
8. PERU

2nd set:
1. Undiu
2. EBRIO
3. Limbo Dance
4. ターコイズ
5. Song for Food
6. ブンガワン・ソロ
7. SALON
8. BLIVITS
9. BOB

encore:
1. 奴隷の恩返し
2. 日没

 板倉文 (guitars)
 Ma*To (keyboards,tabla)
 清水一登 (piano,keyboards,xylophone,bass clarinet)
 whacho (percussions)
 MECKEN (bass)
 斎藤ネコ (violin)
 青山純 (drums)
ゲスト:
 小川美潮 (vocals on ターコイズ〜SALON)
 オイラー小林 (drums on Undiu,EBRIO)
 横山雅史 (bass on 奴隷の恩返し)